病院案内

グッディ動物病院のご紹介

 グッディ動物病院 院長 高橋 章典 グッディ動物病院 院長 高橋 章典

日々私が感じることは、ワンちゃん、ネコちゃんが喋れたらどんなにいいだろうということです。
話ができたらもっと早期発見、早期治療ができるのではないだろうかと考えることがあります。

しかし実際にはワンちゃん、ネコちゃんは言葉を話すことはできません。
ですから何らかの症状が出ているときには、
予想以上に病気が進行していることも少なくありません。

以前は、病院は病気になったら行くといった考え方が主流であったと思います。
しかし最近では飼い主様の意識の向上のおかげで、
病院の役割が予防医学に移行してきていると実感しています。

このような理由から当院では予防医学をはじめ、トリミングやフードといった
トータルでのケアに力を入れています。

また病気になってしまった場合でも、患者様お一人お一人としっかりと向き合い、
十分な説明をさせていただいた上で、納得して治療にあたらせていただくことを
信条としております。

治療において私たちにできることは、専門的な知識に基づくご協力であり、
もっとも大切なことは飼い主様の積極的な協力をいただき、
スクラムを組んでいくことだと信じています。

病院が怖い子や不安いっぱいの子達は、病院にいるという事だけで本来の姿を見せてくれないことがあります。
病院にいこうとすると雰囲気を察知して隠れてしまうネコちゃんや、
かたくなに病院の方向から遠ざかろうとするワンちゃんの話を伺うにつけ
とにかく病院を好きになってもらいたいという気持ちでいっぱいになります。

お散歩の途中に気軽に寄り道していただける雰囲気の病院にしたい。

病気で頑張っているときだからこそ明るい雰囲気で癒やしてあげたい。

それが私をはじめスタッフ一同の願いです。

グッディー動物病院 施設ご紹介

駐車場

1角の信号を曲がり、畑に面した
NO.23、25、26が
グッディ動物病院専用駐車場です。

グッディ動物病院(外観)

2病院外観。黄色い看板のすぐ下が
入り口、右側はトリミング室です。
のぼり旗が目じるしです。

受付カウンター

3椅子に座っていただいて
会計やお薬の説明をいたします。
お知らせ掲示板もあります。

第1診察室

6第1診察室です。

手術室・レントゲン室

7手術室及び、レントゲン室です。
手術室には生体モニターを完備し、
安全な麻酔を心がけています。

検査器具

8血液検査はリアルタイムで評価します。

ペットホテル

9ホテルの預かりはこちらです。